トラットリア セレニータ

serenita.exblog.jp

同世代

先日、テレビを見ていると
基本的に取材NGの焼肉シェフと言う敏腕オーナーが。
何でも、
グループ店の最高位に位置付ける店舗に
行くには段階を踏まなければならず
権利を得てから予約出来るのは
一年後とか何とか…
中には
七年かよいつめて初めて
最高位の店舗に行けたお客さんも(汗)

そんな、凄いお店のオーナー。
自分と同い年…

恐るべし同世代…

話が変わり

お昼番組で、お店を3つ紹介する番組あります。
何気に紹介してたシェフ。

あっ!?

昔勤めていた姉妹店の先輩やん❗
と。

当時の印象は正直特にありませんでしたが(汗)
今では3店舗持つオーナーシェフになられたようで
このシェフも年齢1つ上の同世代…

恐るべし同世代…

メディアに登場するスターシェフに憧れてこの業界に入ったのは20年も前。

今では憧れられなくてはならなければならない
年齢なんですが…

そんな私は
何を隠そう
イタリア料理界の落武者!(笑)

ちょっとこの自虐ネタ、気にいってます…(汗)



でも実際のところ比べてしまうと
今の自分に情けない気持ちや
焦る気持ちがあります。

しかし
自分は自分。
とりあえず今おかれている環境には
何かしらの意味があると思います。
しっかり地に足つけて頑張っていきます❗




[PR]
# by serenita | 2017-04-21 07:56 | Comments(0)

今月で…

今月が誕生日なので
いよいよ
39歳になります(汗)

新しい職場になってはや6ヶ月
最近新しく入ったパートさんと
会話を始めてした時
「えっ?
もっと若いと思ってました。」
なんて言われてしまいました…

しかも
「童顔ですね」とまで

小学生の頃からオッサン顔で
凄いコンプレックスだったんですけど…


女性なら若く見られるのはうれしいのかも
しれませんが、私としましては
セレニータと
ほぼほぼ同じコックコートで仕事して
歳相応に見られないって複雑(汗)
一応会社員なのでセレニータの時の髭はないのですが…

勤務先の従業員に営業に来ている保険の女性のかたが
定期的に来てて、いつもパンフレットとアメかお菓子渡されて、
最近はじめて、様子を伺われつつ積極的な営業トークにもちこまれました。

「当たり障りなくあしらう為に(汗)
妻に任せてるからスンマセン」と言うと
「えっ?結婚されてたんですか?」と…

と言うか、見ため
どんだけ人間的な深みないねん(笑)

それなりに社会の波に揉まれてるつもりなんですが、今は程よい環境で完全に灰汁が抜けてるのは確かですが(笑)

まぁ遅くして恵まれた娘が
大きくなった時に
友達のパパはだいたい年下
と予想されるので
リアルに年寄り臭いお父さんよりマシと
プラス思考で(笑)

中身からくる人間的哀愁に憧れる
今日この頃です。

[PR]
# by serenita | 2017-04-06 11:02 | Comments(0)

今、思うこと。

あっ、どうも
イタリア料理介の落武者こと杤尾です…

早いもので、今の職場で半年過ぎました。
まぁ、いわゆるところの人手不足で
てんてこ舞いです(汗)

職場的には自分の上司と含めて
社員は二人です。
あとの10人位はパートさん。

毎日、約500人分の仕込みから調理を社員が全てこなし
後の盛り付けや提供をパートの方々でさばく形なのですが、年末からパートの方々の退職タイミングが重なり、人手不足中です。

まぁ人が入るのもタイミングの問題でしょうが
早く落ち着きたいとこです。

まぁ、こんな感じで日々の仕事こなしておりますが、
実質月に7~8日は休みがとれて
今の職場に限ってですが17時まで男です。

配属先が代われば単身赴任や
深夜勤務される会社の食事提供など
過酷な配属先もあるのですが…。


時間的に言えばレストラン勤務時代の
半分位しか働いてません(汗)

一番働いた時は、朝の仕入れから始まり
日が代わるまでで休憩は食事とって小休憩程度。
単純に18時間位は働いてたのでしょう。
当然休みも週一。

でも、そこで頑張れたのは将来の自分のお店のため。間違いなく自分の修業の為に必要な時間でした。

そして、いざ自分の店を構えるも
七年の月日にて幕を閉じました。

いまだに、
私がどこかのレストランで勤めたら
また料理を食べたい!と思って頂ける方がいているので、それに応えれない自分が
本当に心苦しいですが…

レストランとして考えると
将来的な存続率の低さ、
収入や家族にあてれる時間などを考えると
今のような会社の一人である方が安心と考えてしまいます。

本当に難しい職種です。

今、存続出来ている個人レストラン
おそらく半分に近いお店が辞めるに辞めれない
ってお店多いと思います。


常連様に対する裏切りのような気持ち。
従業員を抱えていたら自分の気持ちだけて判断出来ない。
今まで借り入れまでした投資してきたお金が無駄になる。
辞めるにもそれなりのお金が必要。
辞めた後の自分の居場所。
など不安要素盛りだくさんです。

開業するより
むしろ辞める方が難しいかも…

独立した事に対して
今、思うことは
永遠に正解の答えの出せないままでいます。










[PR]
# by serenita | 2017-03-06 09:50 | Comments(0)

今でも、どうしても辞めれないというか、
ある癖があります。

普通に通勤中や、街を歩いていると目にする
「テナント募集」「店舗募集」などのフレーズに
過剰反応し、
ここは場所的にどうなんだろ?とか
坪数まで表示されているときもあると、ちょっと大きすぎるかなぁ?とかとか色んな妄想を膨らませシュミレーションする癖があります(笑)

残念な事に99%セレニータの復活はないのですが
そんな楽しみ方で遊んでいます(笑)

しかし、
残りの1%にかけて、虎視眈々と狙いを定めて
なけなしのお小遣いから
ちびまる子ちゃんスクラッチも買うも
最低の6等1枚だけ当たる現実に打ちのめされます(笑)

でも宝くじは当たらないと思いません!
買わなきゃ当たりません!

何の話や!
って(汗)

でも、
亡きうちの母。
むかしむかし、10万当たってました(汗)
そんとき大騒ぎしてたの今でも鮮明に覚えています(笑)

10万でも大金ですが
10万であの大騒ぎなら
それ以上なら
ショック死しますよ(汗)

しかし
これが、けっこうまわりにいるんですよね
宝くじ当たった話。

中学校のころ、友達のお兄ちゃんが、宝くじ100万当てて
当時のゲーム買えるだけ買った話を皮切りに

先輩の友達が1000万当てて高級車乗ってるだとか、
昔一緒に働いてたパートのおばちゃんの妹さんが
ジャンボ宝くじ当てて家建てたとか。


まぁ全ての話に共通することは、うちの母以外直接本人にあってませんが…。


でも買わなきゃ当たりません!

諦めたらそこで試合終了です。

どこかで聞いたセリフ(笑)


なんて、1%の可能性に夢をみつつも
現実は、
地道にコツコツ働いて頑張らないといけませんね(汗)




[PR]
# by serenita | 2017-02-13 08:59 | Comments(2)

閉店からかれこれ2年は経ちますが…

ささじさん、O様、
年末年始にコメント頂きありがとうございます😊

早いもので閉店してから2年経ってますが、未だにこうやって繋がっていただけてるのは私にとって財産です😊


ちょっと疎遠気味なんですが、律儀に年賀状を毎年くれる後輩がいます。

その後輩、
堺の方で数年前に独立したのですが、
その後輩の今年の年賀状に、私が紹介したお客様が足を運んでくれるとうれしい言葉が書いてました🎵

T様、ありがとうございます😊

堺にご縁がある方、
ールハチゴー宜しくお願いしますm(__)m

フェイスブックも頑張って更新してるみたいなので、気になる方はぜひ覗いてあげて下さい☺





[PR]
# by serenita | 2017-01-20 08:08 | Comments(0)