トラットリア セレニータ

serenita.exblog.jp

パスタのゆで方のポイント② ~美味しいパスタへの道~

では続きです。

3つ要素を挙げましたが
(①火力②作る量③ソースの状態)

共通することは温度を下げない、下げる要素を減らす。
ここに気をつけてほしいです。


例えば
「4人家族だからスパゲッティー、一人100gとして、400g作ろうかな?
でも1パック500g入りで残してもあれやし、食べれるやろうから
全部入れちゃえ」

これは危険です。

我々でも400gを超えてくるパスタを仕上げるのはかなり気を使います。
ランチタイム等の商売上はよくあるケースですが、
仕上げが難しく、(味が決まりにくいです)作るうちに伸ばす可能性もあるのです。
だからもう30秒早めに上げる事もありますし、細かいテクニックが
必要になります。



そして家庭のコンロでは火力が足りず、
多めに麺を茹でると
お湯の熱が一気にさがり
結果パスタを茹でてるのではなく、ぬるま湯に数分浸しただけになります。
(茹でてるお湯の状態は常にポコポコ泡が上がってくるのが必須です)

これでは美味しく茹でれません。


そしてソースは同時進行は不安なので、先に作りました。
は正解です。
でも、そのソースの温度が下がってると熱々の美味しいパスタは出来ません。
パスタが上がる直前にはソースを熱々にしときましょう☆

つまり
大量をご家庭で美味しく作るのは難しいと言うことですね(汗)

出来れば200g位までで茹でるのがベストだと思います。


(もちろん、こんな事言われなくても普通に出来るよ!!って方も当然おられると
思います。偉そうにしてスミマセン)


以上料理講座パスタ茹で偏でした♪



ソースに関して、ご家庭で美味しく出来るだけ簡単に作れるものを
今度紹介できればと思います☆






<ディナータイム空席状況>
本日、明日共に空席ございます。

皆様のご来店お待ちしております♪
[PR]
by serenita | 2010-05-22 11:03 | セレニータの料理講座 | Comments(0)