トラットリア セレニータ

serenita.exblog.jp

最近のニュースで知りましたが…

最近のニュースで知りましたが、
予約キャンセルする人のブラックリストサイトが出来たとかで。

キャンセルした人をそのサイトに情報提供して
情報共有するみたいです。
それ以上の
詳しいシステムまでは解ってませんが
私もお店やってた時に
ドタキャンでだいぶ苦しみました(汗)

このブログを見て頂いてる方ならご存じでしょうと思われますが(笑)

まぁ、セレニータの場合は半分位は
近所のイタリアンさんと勘違い予約が多かったですが(汗)

このサイトを立ち上げた方はサラリーマンらしく
自分の贔屓にしてる飲食店がキャセルで困り果て
閉店に追い込まれてるのに見かねて、何か出来ないかとサイトを立ち上げたそうです。

このニュースを聞いた時の感想は
同じ立場で困っていただけに
「素晴らしい❗」と思いました。

そして
飲食店だけの問題と思っていましたが
他業種でも同様に困っていることを知りました。

賛成意見多い反面、反対意見もあるようです。
反対意見としては
「ブラックリストはやりすぎ」
「個人情報漏れるのは…」
だそうです。

私自身の意見としては
このサイトのシステムが解りませんが
おそらく
悪質なキャンセルに対する抑止力が目的なので
ただのキャンセルならブラックリストには乗せないはずです。

案外困るは
悪気のないキャンセル。

「都合悪くなることだってあるのに
なんでブラックリストのせられるの?」

こんな意見の人が反対意見出せる人でしょう。
そして平気でキャンセルする人でしょう。

セレニータの場合も
「お店間違って電話しただけやのに悪い?」
とまったく悪気ない方多かったです(汗)

予約というお店側にとって何の補償もない約束事。
予約をキャンセルした人にデメリットはほぼないです。
お店は席をキープしたが為にご案内出来なかったお客さんの売り上げを損失してます。

セレニータ時代に予約キャンセル規程設けてました。
予約電話の際にキャンセルは
席料頂戴するとのキャンセル規程も伝えていて
連絡先解ってても
キャンセル料頂いた事はありませんでした。

それが
現実です。
いわゆる泣き寝入りです。

簡単に約束を破られるとお店の損失は積み重なり
取り返しつかない場合もあります。

今回のニュースが取り上げられたことで

悪気のなくキャンセル出きる人に
少しでも考え直してほしいです。


でも、一件一件予約リストをサイトで照らし合わせるのも大変やから
キャンセルもらった時には時既に遅しなのかな?(汗)

[PR]
by serenita | 2017-07-13 09:16 | Comments(0)