トラットリア セレニータ

serenita.exblog.jp

ほっとけないよ~♪

あっ、どうも
名作ドラマADブギでお馴染みの主題歌を歌った
楠瀬⚪️志郎です。

…。

このメロディーが解る方!
時代を感じますね(笑)

まぁ
とりあえず、一旦忘れて下さい(汗)


えーっと。
実は
セレニータの閉店後も先日まで
問題を抱えていました。

えっ👀⁉️
もう3年経ちますやん?
って話ですが、

そうなんです。

ほっとけないよ~♪
って問題が実は有りました。


セレニータは閉店の条件は
居抜きで店舗を引き継いでもらえる方が
現れたら閉店すると
このブログにてもご案内して閉店に至りました。

が、
セレニータブログ愛読者はご存知かと思われますが
最後の最後急転直下で引き継ぎ予定の相手が
直前で契約不履行

もう一回杤尾さんが立て直したら!
常連様の応援が
有りましたが、
運営にあたる諸々の契約解除も全て済まし、もう後戻り出来ないとこまで行ってたので、撤退しました。

結果、家賃の途中解約違約金、店舗の現状回復工事
と想定外の出費に迫られ

引き継ぎ予定の相手の不履行により
思わない損害を負わされました。


自分には縁のないと思っていた裁判沙汰。
訴える側として行動しようと思いました。

身内に最高裁判所に勤める者がいるので
早速相談しました。

しかし、返ってきた答え
「話だけ聞いてると、裁判に勝てる可能性はある。
だけど裁判に勝ってもお金が帰って来ることは別の話」
「納得出来ないなら、とりあえず役所に定期的に弁護士相談してくれる所あるはずやから、まずそこにいきなさい。
そして本気で動くなら動きかたは教える。」と

直接言葉にはしませんでしたが、
今思えば
「高くついた勉強代として諦めろ」と言うことを優しく遠回しに
伝えてくれていました。

と、同時期に
閉店後に入った勤め先に
実際に裁判中の方がおられて
「時間もお金も体力も要るよ~」としみじみ教えてくれました。

相手にこちらは本気だと
少し裁判ちらつかせましたが
おそらく相手も
「そこまでしないだろう」と
よんでいたのか、
相手の「ちょっと時間をくれ」と
思わせ振りからの発言と無視との
攻撃に疲れて

裁判の方も諦めました。
相手への連絡もストップさせ
一旦冷戦。
事実上の泣き寝入り。

時間だけは過ぎていきました。

しかし、
ここで
ほっとけないよ~♪の話。

相手が家賃契約済ませば完全移行だったので
実は先行して移行した契約が有りました。

その契約ごとが厄介で
信販会社が絡む事で
守秘義務もあろうかと思うので
詳しくは書けませんが…
その問題だけ宙ぶらりん…

ちゃんと処理しとかないと
後々何かあっても
書類上私も関係なくないので
更に忘れた頃に問題なっても困ります。

もう思い出したくないし
関わりたくないと思っていましたが、
再び約3年ぶりに連絡を入れやり取り開始。

こちらが被害者なのに
和解することを条件にこの問題を完全解決
申し立てました。

再び1カ月の連絡やり取りで
先日、無事に解決しましまた。


閉店後も
向き合いたくない問題として
ずーっと心の中にあったモヤモヤ。

ようやく解決できて
ようやくセレニータの本当の
閉店を迎えました。

そうなんです。
実はは密かに
最近までしくじっていました(汗)

まぁ何でこうなったか
って所を
自分の反省も踏まえて
しくじらない為にも
次のブログ題材としたいと思います

もう少しお付き合い下さい。

[PR]
by serenita | 2017-10-19 17:39 | Comments(0)